• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > 東工大が1.42THzで発振するRTD素子を開発、「THzの溝」を埋める

東工大が1.42THzで発振するRTD素子を開発、「THzの溝」を埋める

  • 野澤 哲生=日経エレクトロニクス
  • 2013/12/19 17:11
  • 1/1ページ
 東京工業大学 量子ナノエレクトロニクス研究センター 教授の浅田雅洋氏の研究室は、室温で動作し、基本発振周波数が1.42THzの共鳴トンネル・ダイオード(RTD)素子を開発した。2013年12月16日に東北大学で開かれた電子デバイス研究会(ED)で発表した。
【技術者塾】(6/3開催)
センサ情報活用のためのセンシングモデル化の基礎と応用


センサの活用のためには、センシング対象をいかにモデル化するかが技術構築の上で鍵となり、数理的・信号処理的や人工知能論的アプローチの活用が基本となります。本講演では、モデル化過程において幅広く使えるこれらのアプローチの基礎をできる限り実利用に沿う形で解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年6月3日
会場 : BIZ新宿 (東京・西新宿)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ