• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > 東工大が1.42THzで発振するRTD素子を開発、「THzの溝」を埋める

東工大が1.42THzで発振するRTD素子を開発、「THzの溝」を埋める

  • 野澤 哲生=日経エレクトロニクス
  • 2013/12/19 17:11
  • 1/1ページ
 東京工業大学 量子ナノエレクトロニクス研究センター 教授の浅田雅洋氏の研究室は、室温で動作し、基本発振周波数が1.42THzの共鳴トンネル・ダイオード(RTD)素子を開発した。2013年12月16日に東北大学で開かれた電子デバイス研究会(ED)で発表した。

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓