• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > 村田製作所、「直流共鳴」方式のワイヤレス給電システムをサンプル出荷

村田製作所、「直流共鳴」方式のワイヤレス給電システムをサンプル出荷

  • 野澤 哲生=日経エレクトロニクス
  • 2013/12/17 18:36
  • 1/1ページ
直流共鳴方式ワイヤレス給電のデモ・システムでの給電の様子。下の送電モジュールから、中継アンテナを介して受電モジュール3個に給電している。電源は単3形の乾電池2個である。
直流共鳴方式ワイヤレス給電のデモ・システムでの給電の様子。下の送電モジュールから、中継アンテナを介して受電モジュール3個に給電している。電源は単3形の乾電池2個である。
[クリックすると拡大した画像が開きます]
受電モジュールとアンテナ
受電モジュールとアンテナ
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 村田製作所は、同社独自の「直流共鳴」方式に基づくワイヤレス給電のデモ・システムを、ワイヤレス給電技術の業界団体「ワイヤレス パワー マネジメント コンソーシアム(WPM-c)」の会員企業向けに無償提供を始めた(関連記事)。WPM-cが発表した。

 直流共鳴方式のワイヤレス給電は、システムが非常に小型になるのが特徴(日経エレクトロニクスでの寄稿記事(会員限定)Tech-On!の関連記事)。今回のデモ・システムは、アンテナを別にすると送電モジュールが10mm×22mm×2.5mm、受電モジュールが8mm×13mm×1.7mmと小さい。送電電力は0.5W、周波数は約20MHzである。送電モジュールは、USB 2.0などを電源に利用できる。

 製品化の際には、周波数が6.78MHzで、送電電力が3W、10W、30Wなどのシステムを提供予定だとする。

【技術者塾】(5/26開催)
シミュレーション要らずの熱設計・熱対策

~熱を電気回路に見立てて解析、演習で応用力アップ~


本講演を受講すると、シミュレーションに頼らない実践的な熱対策・熱設計ができるようになります。演習を通して実際に熱を解析し、熱設計への理解を深められます。現場で応用できる熱解析ツールを自分で作成できるようになります。 詳細は、こちら
日程 : 2016年5月26日
会場 : 化学会館 7F(東京・御茶ノ水)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ