• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクスアナログ > Microchip、無線LAN/Bluetoothに向けたRFフロントエンド・モジュールを発売、利得と線形出力が向上

Microchip、無線LAN/Bluetoothに向けたRFフロントエンド・モジュールを発売、利得と線形出力が向上

  • 山下 勝己=テクニカル・ライター
  • 2013/11/23 01:10
  • 1/1ページ
 米Microchip Technology社は、無線LANやBluetoothなどに向けた2.4GHz対応のRFフロントエンド・モジュール「SST12LF09」を発売した。GaAs材料を用いたpHEMT/HBT技術で製造したパワー・アンプや低雑音アンプ(LNA)、SP3T(single pole three throw)構成のアンテナ・スイッチなどを1パッケージに収めた。パッケージは、外形寸法が2.5mm×2.5mm×0.4mmと小さい16端子XQFNである。入力と出力は直流(DC)結合で、50Ωのインピーダンス整合回路を搭載した。

トップページへ

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓