• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > 曲率半径1mmで曲げられるタッチ・パネル用透明導電フィルム、フィンランド企業が2014年に量産へ

曲率半径1mmで曲げられるタッチ・パネル用透明導電フィルム、フィンランド企業が2014年に量産へ

  • 田中 直樹=日経エレクトロニクス
  • 2013/11/18 21:14
  • 1/1ページ
 タッチ・パネル用透明導電フィルムの開発・製造を手掛けるフィンランドCanatu社が、曲率半径1mmで曲げられる透明導電フィルムを開発、2014年に量産を開始する。透明導電材料として一般的に使われているITOの代わりに、「CNB(Carbon NanoBud)」と呼ぶ独自のカーボン系材料を用いることで、柔軟性を高めた。平面基板上に作製した透明導電フィルムを熱成形して、容易に3次元形状を実現できるという。CNBのBに当たる「Bud」は芽を意味する。CNBは、カーボン・ナノチューブ(CNT)の外側にフラーレン(C60)が芽のように付いた分子構造を持つ。

トップページへ

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓