EDA・ソフトウエア 強いLSIやボードを設計するための
 

「IC設計者は減るどころか増えていく」、Cadenceの中興の祖となったLip-Bu Tan氏に聞く

赤坂 麻実=Tech-On!
2013/11/26 21:05
印刷用ページ
右がCEOのTan氏、左はSenior Vice PresidentのHuang氏(写真:Tech-On!)
右がCEOのTan氏、左はSenior Vice PresidentのHuang氏(写真:Tech-On!)
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 EDAベンダーの米Cadence Design Systems社でPresident and CEOを務めるLip-Bu Tan氏に話を聞いた。同氏へのインタビューは2回目。前回は現職へ就任して約半年後の2009年7月に行った(Tech-On!関連記事1)。就任時のCadenceは、ある意味「どん底状態」にあったが、それをTan氏が復興させた。同社の売り上げは2009年第2四半期から18四半期続けて直前四半期の売り上げを上回る、右肩上がりの成長を遂げている。なお、今回のインタビューには、Senior Vice PresidentでSystem & Verification Group and Worldwide Field Operationsを統べるCharlie Huang氏が同席した(聞き手は小島郁太郎=Tech-On!)。

―― 社長就任以来、Cadenceの業績は回復/成長した。効果があったと自認する経営施策をいくつか挙げてほしい。

Tan氏 4つある。1つ目はチームワーク。私より頭が切れる経営幹部を集めて“Aチーム”を組み、各事業を任せている。2つ目は文化。イノベーションを起こす、品質を重視する、勝者となる情熱を持つというカルチャーを社内に築き上げた。3つ目は技術的なリーダーシップ。才能ある多くの技術者を雇用した。現在、当社にはR&Dに携わるエンジニアが3300人、FAE(field application engineer)は1300人いる。4つ目は顧客の声を聞くこと。顧客の規模の大小にかかわらず、ニーズをよく聞いて製品を提供し、時には顧客がその顧客を獲得できるよう、例えば、顧客の半導体メーカーにその顧客となる機器メーカーを紹介したりもした。

 文化の中でも大切なのは、意思決定だ。情報を集め、議論し、決定し、浸透させる。市場の変化は急速だ。熱く議論して素早く判断することが当社の文化になっている。ある企業のCEOを務める友人は私に「下した決断の7割が正しければ、非常に優秀な経営者といえる」「一番悪いのは、何も決めないこと」とアドバイスしてくれた。私も、チームが納得できるような決断をタイムリーに下すことがCEOの仕事だと考えている。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

【9月15日(火)開催】触るインタフェース(応用編)
~ウエアラブルと身体性から読み解く次世代インタフェース~


ウエアラブルデバイスで触覚情報を利用するための基礎と最新技術や、全身触覚と身体性に着目した新しい触覚インタフェースの新潮流について解説する。この分野に精通する3人の講師が、様々な研究開発例とその実装方法を紹介する。詳細は、こちら
会場:BIZ新宿 (東京・西新宿)

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング