半導体デバイス 半導体デバイスの最新情報・トレンドを知る
 

「スマホのセキュリティ対策に終わりはない」、KDDI研やセキュリティ技術の米CRIらが講演

小島 郁太郎=Tech-On!編集
2013/11/14 20:38
印刷用ページ

 スマートフォンの普及や高度化、サービスの多様化に伴い、モバイル機器のセキュリティ対策の重要性が増している。そのモバイル機器のセキュリティ対策を論じたセミナー「モバイル機器の未来を握るセキュリティ」(主催:米Cryptography Research社(CRI))が2013年11月12日に東京で開かれた。

図1●講演する竹森 敬祐氏(右端)
Tech-On!が撮影。スクリーンはKDDI研究所のスライド。
[画像のクリックで拡大表示]

 最初に登壇したのは、KDDI研究所の竹森 敬祐氏(ネットワークセキュリティグループ 研究マネージャー)である(図1)。肩書きから察せられるように、KDDI(au)の携帯電話のセキュリティの元締め役だ。同氏は「スマートフォンの最新セキュリティ」というタイトルで講演した。最初にスマホを取り巻く3つの脅威として、端末の紛失、リスクを伴うソフトウエア(リスクウエア)への感染、利用者の悪用/リテラシー不足を挙げた。

 リスクウエアにはさまざまなタイプがあり、その具体例を複数紹介した。中でも厄介なリスクウエアの1つが、管理者権限を奪って端末で好き勝手なことをしでかすマルウェアである。竹森氏は講演の中で、スマホのソフトウエア基盤である「Android」のRoot権限奪取攻撃に対する「備え」について最新情報を含めて説明した。

 remountコマンドが実行されて管理者権限を奪われる事態がAndroidでは発生する。古いバージョンのAndroidでは、こうした攻撃にあまり対策が取られていなかったが、最近は、攻撃を受ける機会を減らしたり、管理者権限を奪われても被害を減らすような対策が盛り込まれるようになっている。「SE(Secure Enhanced) Android」に進化しつつある。

 例えば、SELinuxの強制アクセス制御(MAC:Mandatory Access Control)を利用する。実行していいことを複数のルールで明示的に定義しておき(ホワイト・ルール・セット化)、これが成り立たないと管理者権限でも実行を禁止とする。Android4.3以降はSELinuxの強制アクセス制御を無効にするオプションがなくなった。ただし、有効なホワイト・ルール・セットの作り方などに課題が残っている。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング