• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり設計革新 > ニュートンワークス、3DのCAEモデルを1Dシミュレーション用に変換するツールを発売 --- 精度を落とさずに計算時間を短縮

ニュートンワークス、3DのCAEモデルを1Dシミュレーション用に変換するツールを発売 --- 精度を落とさずに計算時間を短縮

  • 木崎 健太郎=日経ものづくり
  • 2013/11/14 17:41
  • 1/1ページ
 ニュートンワークス(本社東京)は、3D構造解析用のCAEモデルを1Dシミュレーションツールで使えるモデルに変換するツール「NewtonSuite-MOR」を2011年11月に発売した。1Dシミュレーション・ツールによる振動解析や振動応答計算に適用でき、精度を落とすことなく計算時間を短縮できる。製品内部の機構動作が筐体の振動にどう影響するか調べたいとき、システム全体の1Dシミュレーション・モデルで筐体の3D形状の違いを考慮できる。
【技術者塾】(9/28開催)
データの意味が分かり、次を予測できる「多変量解析」入門

解析ソフトを用いて実践演習しながら理解する


測定したデータからその意味が分かり、次にどうなるかを予測できる「多変量解析」の考え方とその方法を学習します。パソコンを使った演習により、具体的な実施方法を体得することで実践力を身に付けることができます。 詳細は、こちら
日程 : 2016年9月28日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経ものづくり

おすすめ