• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり設計革新 > ニュートンワークス、3DのCAEモデルを1Dシミュレーション用に変換するツールを発売 --- 精度を落とさずに計算時間を短縮

ニュートンワークス、3DのCAEモデルを1Dシミュレーション用に変換するツールを発売 --- 精度を落とさずに計算時間を短縮

  • 木崎 健太郎=日経ものづくり
  • 2013/11/14 17:41
  • 1/1ページ
 ニュートンワークス(本社東京)は、3D構造解析用のCAEモデルを1Dシミュレーションツールで使えるモデルに変換するツール「NewtonSuite-MOR」を2011年11月に発売した。1Dシミュレーション・ツールによる振動解析や振動応答計算に適用でき、精度を落とすことなく計算時間を短縮できる。製品内部の機構動作が筐体の振動にどう影響するか調べたいとき、システム全体の1Dシミュレーション・モデルで筐体の3D形状の違いを考慮できる。
【技術者塾】(8/25開催)
シンプルで強力なFMEAとDR

現場の技術者にとって使いやすい、シンプルな新FMEA「3D-FMEA」の作成方法と有効な活用方法、そして審査方法を指導します。


会場 :御茶の水トライエッジカンファレンス

【技術者塾】(8/26開催)
シンプルで強力なFTA

優れた技術者が持つ「匠のワザ」を押さえた上で、シンプルで強力なFTA「3D-FTA」を学びます。


会場 :御茶の水トライエッジカンファレンス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓