• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > 異種基板を256×320バンプで常温接合、近赤外イメージ・センサに応用

異種基板を256×320バンプで常温接合、近赤外イメージ・センサに応用

  • 三宅 常之=Tech-On!
  • 2013/11/14 16:50
  • 1/1ページ
 九州大学と半導体センサ開発のアイアールスペックは、化合物基板とSi基板など異種基板をアレイ状バンプで高信頼に常温接合する技術を開発した。InGaAsフォトダイオードで作製した256×320画素の裏面照射型の近赤外イメージ・センサ基板と、Si製の信号処理回路基板を各画素に設けたバンプで接合させる。超音波で加振して常温接合を実現している。高温処理が不要なため、熱膨張率の違いによるずれや応力が生じない。
【技術者塾】(6/16開催)
実用化迫る、自動運転支援のためのセンシング技術


安全で安心な自動運転車の実現に向けて、運転自動化支援に必要なセンシングアルゴリズムの基礎理論から、自動運転に向けたさまざまな応用技術、最近の話題などについて、分かりやすく解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年6月16日
会場 : 化学会館 7F(東京・御茶ノ水)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ