日経テクノロジーオンライン

東芝、USB3.0などの高速インタフェースに向けた2ライン対応のESD保護ダイオードを発売

2013/11/11 22:28
山下 勝己=テクニカル・ライター
 東芝は、2ライン対応の静電気放電(ESD)保護ダイオード「DF4D7M2G」を開発し、2013年12月に量産を開始する。特徴は、端子間容量を0.2pF(標準値)に抑えた点にある。このため、USB3.0といった高速インタフェースに適用しても、伝送信号に大きな影響を与えずにESD保護を実現できる。このほかRFアンテナのESD保護にも使えるとする。

本記事は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。

  • 会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをタップしてログイン完了後にご参照ください。
  • 会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをタップして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。