東芝、USB3.0などの高速インタフェースに向けた2ライン対応のESD保護ダイオードを発売

  • 山下 勝己=テクニカル・ライター
  • 2013/11/11 22:28
  • 1/1ページ
  • 保存

 東芝は、2ライン対応の静電気放電(ESD)保護ダイオード「DF4D7M2G」を開発し、2013年12月に量産を開始する。特徴は、端子間容量を0.2pF(標準値)に抑えた点にある。このため、USB3.0といった高速インタフェースに適用しても、伝送信号に大きな影響を与えずにESD保護を実現できる。このほかRFアンテナのESD保護にも使えるとする。

  • 保存
【技術者塾】(10/24開催)
不具合の未然防止に役立つ 組み込みソフトのモデリング

ソフトウエア技術者の設計力向上の勘所


ソフトウエア設計図(モデル)の具体例を紹介しながら基礎を解説します。「静的構造図」や「動的構造図」などを演習を通して作成。ソフトウエア技術者の設計力を高め、もっと速く楽に開発することを目指します。 詳細は、こちら
日程 : 2016年10月24日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ