日経テクノロジーオンライン

NSK、変速機の軸に内蔵してトルクを計測するセンサユニットを開発、燃費向上に役立てる

2013/11/11 19:45
浜田 基彦=日経Automotive Technology
 NSKはAT(自動変速機)/CVT(無段変速機)用のトルクセンサユニットを開発した。トルクを測り、その結果を使ってATでは油圧多板クラッチの圧力、CVTではプーリの押し付け力を制御する。伝達トルクが大きいときは、これらの力を大きくしないとクラッチやCVTベルトが滑って力を損失する。逆に伝達トルクが小さいときは、これらの力を小さくしないと、押し付ける油圧を作るための損失が大きくなる。

本記事は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。

  • 会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをタップしてログイン完了後にご参照ください。
  • 会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをタップして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。