• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエネルギー > juwi自然電力、ため池跡地にメガソーラー建設、畑作と共用

juwi自然電力、ため池跡地にメガソーラー建設、畑作と共用

  • 金子 憲治=日経BPクリーンテック研究所
  • 2013/11/08 01:19
  • 1/1ページ
juwi自然電力が建設した熊本県大津市のメガソーラー(出所:juwi自然電力)
juwi自然電力が建設した熊本県大津市のメガソーラー(出所:juwi自然電力)
[画像のクリックで拡大表示]

 juwi(ユーイ)自然電力(東京都文京区)は10月31日、山口県宇部市に約1MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)を建設すると発表した。三和コンクリート工業(熊本県天草市)の発注によるもので、周囲の道路開発によって生じた「ため池跡」を、畑作と共用しながら、再生可能エネルギーも生み出す場所として有効活用していくという狙いに基づいて計画した。三和コンクリート工業がメガソーラー発電所の事業主となるのは、同サイトが初めて。juwi自然電力が、EPC(設計・調達・建設)サービスを担当する。

 juwi自然電力は、9月17日に熊本県大津町に、フォレスト(熊本県山鹿市)の発注による約1.1MWのメガソーラーを建設・竣工した。太陽光パネルはカナディアン・ソーラー社製、パワーコンディショナ―(PCS)は、東芝三菱電機産業システム(TMEIC)製を採用した。

 juwi自然電力は、再生可能エネルギー発電所の開発・コーディネートを手掛ける自然電力(東京都文京区)と、世界的なEPC(設計・調達・建設)サービス企業であるjuwi社(ドイツ・ヴェルシュタット)との合弁企業として、2013年1月に設立された。大津町の案件を含め、これまで熊本県内で3カ所(合計出力約3.1MW)のメガソーラー建設の実績がある。山口県の案件は、中国地方で初めてのメガソーラー建設となる。

【技術者塾】(6/13開催)
自動車エンジンと制御部品の最新注目技術と今後のトレンド

基本構造から排出ガス規制、燃費低減技術、新興国対応までを解説


自動車向けエンジンとエンジン制御システムに関する最新技術や今後の方向性を実務経験豊富な講師が分かりやすく解説します。自動車エンジンや制御部品に現在求められる技術と今後の方向性の全てを1日で学べます。 詳細は、こちら
日程 : 2016年6月13日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経Automotive

おすすめ