エネルギー
 

米加州で139MWのメガソーラーが売電開始、ファーストソーラー社がO&Mまで担当

加藤 伸一=日経BPクリーンテック研究所
2013/11/05 15:49
印刷用ページ
出力139MWのメガソーラー「Campo Verde Solar Facility」(出所:米サザンカンパニー社)
出力139MWのメガソーラー「Campo Verde Solar Facility」(出所:米サザンカンパニー社)
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 米国の電力卸売事業者のサザンパワー社は11月、同社が取得した米カリフォルニア州南東部のインペリアル郡の出力139MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)「Campo Verde Solar Facility」が、10月25日に売電を開始したと発表した。

 サザンパワー社は、米国南部のアトランタに本拠置く大手電力事業者、米サザンカンパニー社の子会社で、太陽光発電システムのEPC(設計・調達・建設)サービスを手がけるターナー・リニューアブル・エナジー社と提携し、メガソーラービジネスを展開している。

 ターナー・リニューアブル・エナジー社は、米国のカドミウムテルル(CdTe)太陽光パネルメーカーのファーストソーラー社が、2007年に買収したEPCサービス企業。欧米の大手太陽光パネルメーカーは、EPCサービスまで自社の事業に取り込んで、メガソーラービジネスをトータルで受注しており、日本における展開でも、こうした事業モデルを模索しているとみられる。

 今回のメガソーラーは、約1400エーカー(約5.7 km2)の土地に建設され、約230枚のファーストソーラー社製の太陽光パネルを設置した。一年間に約4万8000軒の一般家庭の消費電力に相当する電力を発電できる。EPCサービス、太陽光パネルの供給のほか、O&M(運営・保守)もファーストソーラー社グループが担当している。

 サザンパワー社とターナー・リニューアブル・エナジー社は、2010年1月に提携を結び、主に太陽光発電プロジェクトを買収してきた。今回のCampo Verde Solar Facilityは、2013年4月に買収した。両社の提携による買収案件の5件目にあたり、買収した発電所の合計出力は220MW以上という。

 今回のCampo Verde Solar Facilityで発電した電力については、米サンディエゴ・ガス&エレクトリック社(SDG&E)との間で、20年間の電力買取契約を締結している。

日経エレクトロニクスセミナー
蓄エネ革命2015
電池からフライホイール、水素・圧縮空気貯蔵まで

蓄エネ技術を開発するメーカーは、今こそ勝負どきと考え、開発スピードを一気に高め始めました。本セミナーでは、Liイオン2次電池やNAS電池などの蓄電池に加えて、フライホイールや水素・圧縮空気貯蔵といった新たな蓄エネ技術の最新情報を紹介します。詳細は、こちら
日時:2015年9月30日(水)10:00~17:00(開場9:30予定) 
会場:JA共済ビル カンファレンスホール (東京・永田町)
主催:エレクトロニクス
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング