エネルギー
 

九電工、佐賀県武雄市に約1.5MWのメガソーラーを竣工

加藤 伸一=日経BPクリーンテック研究所
2013/11/01 19:43
印刷用ページ
「武雄袴野太陽光発電所」の竣工式(撮影:日経BP)
「武雄袴野太陽光発電所」の竣工式(撮影:日経BP)
[クリックすると拡大した画像が開きます]
長崎自動車道に隣に位置する(撮影:日経BP)
長崎自動車道に隣に位置する(撮影:日経BP)
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 九電工は10月31日、佐賀県武雄市東川登町に建設した出力約1.5MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)「武雄袴野太陽光発電所」の竣工式を開催した。九電工にとって、武雄市若木町に建設した同約1MWのメガソーラー「武雄若木太陽光発電所」に続いて、武雄市内で2カ所目のメガソーラーとなる。

 今回の武雄袴野太陽光発電所は、長崎自動車道に隣接する約2万m2の土地に建設され、年間予想発電量は約175万kWhとする。

 太陽光パネルは韓国ハンファQセルズ社製、パワーコンディショナー(PCS)は東芝三菱電機産業システム(TMEIC)製、架台はリヒテンシュタインのヒルティ社製である。ハンファQセルズ社製の最大出力240Wの太陽光パネルを約6700枚、TMEICの定格出力500kW機を3台設置しており、太陽光パネル側の最大出力の方が約100kW高くなるように設計されている。日本では、太陽光パネルの最大出力に達するような日射量に恵まれる日が少ないため、このように太陽光パネル側の最大出力を多めに設計し、日射量に恵まれない時間帯でも、できるだけPCSの定格出力に近い発電量を確保する設計が多くとられている。

 竣工式において、九電工 上席執行役員 佐賀支店長の山本泰弘氏は、「九電工の太陽光発電所の原点が武雄市の二つの発電所であり、今後の太陽光発電の可能性を考える上で、重要な拠点となる」とした。

日経エレクトロニクスセミナー
蓄エネ革命2015
電池からフライホイール、水素・圧縮空気貯蔵まで

蓄エネ技術を開発するメーカーは、今こそ勝負どきと考え、開発スピードを一気に高め始めました。本セミナーでは、Liイオン2次電池やNAS電池などの蓄電池に加えて、フライホイールや水素・圧縮空気貯蔵といった新たな蓄エネ技術の最新情報を紹介します。詳細は、こちら
日時:2015年9月30日(水)10:00~17:00(開場9:30予定) 
会場:JA共済ビル カンファレンスホール (東京・永田町)
主催:エレクトロニクス
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング