半導体デバイス 半導体デバイスの最新情報・トレンドを知る
 

パナソニックが半導体事業の構造改革を加速、富士通とのシステムLSI統合は2014年度初頭に

大下 淳一=日経BP半導体リサーチ
2013/10/31 23:08
印刷用ページ
赤字事業の抜本改革を加速する
赤字事業の抜本改革を加速する
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 パナソニック 代表取締役社長の津賀一宏氏は2013年10月31日の決算説明会で、半導体事業の構造改革に言及した。同事業は赤字が続いており、その対策として「ありとあらゆる施策を検討している」(津賀氏)という。その具体的な中身は明らかにしなかったが、「何を(自社で)作って何を作らないかの見極めや固定費の削減など、さまざまな施策を進めている」(同氏)とした。

 半導体事業は、2013年度上期(4~9月期)に61億円の営業赤字を計上した。前年同期に比べて営業損益は7億円悪化した。同事業をとりまく環境は「非常に悪化している」(津賀氏)として、2013年度下期以降に構造改革を加速する方針を示した。

 その目玉の一つとなるのが、富士通セミコンダクターとのシステムLSI事業の統合である。当初は2013年度半ばに統合会社を設立する予定だったが、交渉が難航したもよう。「ここにきてようやく話は前に進み、詳細の段階に煮詰まってきた。2014年度初めには新体制でスタートしたい」(津賀氏)とした。

ここから先は日経テクノロジーオンライン有料会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の「有料会員に申し込む」ボタンをクリックして、申し込み手続を完了させてからご参照ください。

<技術者塾>
電源制御と主回路の定式化手法(2日間)
~状態平均化法によるコンバータの伝達関数の導出と制御設計の基礎について事例を基にわかりやすく解説~



これまでの電源設計の教科書にはない新しい見地から基礎理論および実践例について解説するとともに、「系の安定度」の問題点と解決手法についても解説します。今年3月に発刊した「スイッチング電源制御設計の基礎」(日経BP社刊)をベースに最新の内容を解説いたします。詳細はこちら

【日時】:2015年9月28~29日 10:00~17:00 (開場9:30)予定
【会場】:化学会館(東京・御茶ノ水)
【主催】:日経エレクトロニクス

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング