• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEクルマ > ホンダの新型ミニバン「オデッセイ」、タンクの薄型化などで車室内高さを1325mmに

ホンダの新型ミニバン「オデッセイ」、タンクの薄型化などで車室内高さを1325mmに

  • 富岡 恒憲=Tech-On!編集
  • 2013/10/31 19:06
  • 1/2ページ
図1●ホンダの新型ミニバン「オデッセイ」の燃料タンク。従来モデルよりも76mm薄型化した。燃料タンクとしての厚みは最大部で150mmと薄い。
図1●ホンダの新型ミニバン「オデッセイ」の燃料タンク。従来モデルよりも76mm薄型化した。燃料タンクとしての厚みは最大部で150mmと薄い。
[画像のクリックで拡大表示]
図2●燃料タンクの裏面。燃料ポンプ周辺に燃料をためられるように、タンク内側に向かって底面の一部を食い込ませて壁を形成している。
図2●燃料タンクの裏面。燃料ポンプ周辺に燃料をためられるように、タンク内側に向かって底面の一部を食い込ませて壁を形成している。
[画像のクリックで拡大表示]

 ホンダが2013年11月1日に発売する新型ミニバン「オデッセイ」「オデッセイ アブソルート」では、車室内の高さを1325mmに拡大して広い空間を実現している。その実現に大きく貢献したものの1つが燃料タンクの薄型化だ(図1)。

 燃料タンクの厚みを最大部で150mmと、従来モデルよりも76mm、「ステップワゴン」よりも50mm薄くした。さらに排気管とリアのサスペンションの厚み(クルマの高さ方向)を薄くして、低床化を図り、2列目のステップ高を約30cmまで下げている。

 自動車の燃料タンクでは、坂道やコーナリングの際に燃料がどうしても端に寄る。タンクの容量が同じ場合、タンクの厚みが薄い(タンクの投影面積が大きい)ほどもともとの油面の高さが低いため、クルマの傾きや遠心力で燃料が端に寄ると、燃料ポンプで燃料を吸い上げにくい状況になりがちだ。新型オデッセイでは、そうした状況を回避するために、燃料ポンプ内に燃料をためておける空間を設けるとともに、燃料タンクの底面の一部を内側に食い込ませ、それにより壁を造って燃料ポンプの周辺に燃料ためられる空間を設けた(図2)。

【セミナー】(6/20、21開催)
第4回 車載Ethernetが変えるクルマの未来

自動運転時代のコア技術を知る


本格的な自動運転時代を迎えるにあたり、クルマが取り扱う情報量は爆発的に増えることに加えて、各ドメイン間での協調制御が重要になります。こうした背景の中、情報系だけでなく、制御系までもカバーできる、車載Ethernetに大きな注目が集まっています。
 本イベントでは、この車載Ethernetを中心に、次世代の車載ネットワークの動向をピックアップします。トヨタ自動車やドイツBMW社、デンソー、コンチネンタル・オートモーティブ・ジャパンをはじめ、国内外から第一線で活躍する講師を招聘して講演していただきます。
詳細は、こちら
日程 : 2016年6月20、21日
会場 : ソラシティ・カンファレンスセンター
主催 : 日経エレクトロニクス/日経Automotive

おすすめ