• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEクルマ > ホンダの新型ミニバン「オデッセイ」、タンクの薄型化などで車室内高さを1325mmに

ホンダの新型ミニバン「オデッセイ」、タンクの薄型化などで車室内高さを1325mmに

  • 富岡 恒憲=Tech-On!編集
  • 2013/10/31 19:06
  • 1/2ページ
図1●ホンダの新型ミニバン「オデッセイ」の燃料タンク。従来モデルよりも76mm薄型化した。燃料タンクとしての厚みは最大部で150mmと薄い。
図1●ホンダの新型ミニバン「オデッセイ」の燃料タンク。従来モデルよりも76mm薄型化した。燃料タンクとしての厚みは最大部で150mmと薄い。
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図2●燃料タンクの裏面。燃料ポンプ周辺に燃料をためられるように、タンク内側に向かって底面の一部を食い込ませて壁を形成している。
図2●燃料タンクの裏面。燃料ポンプ周辺に燃料をためられるように、タンク内側に向かって底面の一部を食い込ませて壁を形成している。
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 ホンダが2013年11月1日に発売する新型ミニバン「オデッセイ」「オデッセイ アブソルート」では、車室内の高さを1325mmに拡大して広い空間を実現している。その実現に大きく貢献したものの1つが燃料タンクの薄型化だ(図1)。

 燃料タンクの厚みを最大部で150mmと、従来モデルよりも76mm、「ステップワゴン」よりも50mm薄くした。さらに排気管とリアのサスペンションの厚み(クルマの高さ方向)を薄くして、低床化を図り、2列目のステップ高を約30cmまで下げている。

 自動車の燃料タンクでは、坂道やコーナリングの際に燃料がどうしても端に寄る。タンクの容量が同じ場合、タンクの厚みが薄い(タンクの投影面積が大きい)ほどもともとの油面の高さが低いため、クルマの傾きや遠心力で燃料が端に寄ると、燃料ポンプで燃料を吸い上げにくい状況になりがちだ。新型オデッセイでは、そうした状況を回避するために、燃料ポンプ内に燃料をためておける空間を設けるとともに、燃料タンクの底面の一部を内側に食い込ませ、それにより壁を造って燃料ポンプの周辺に燃料ためられる空間を設けた(図2)。

48V化で変わるHEV勢力図
~日本は欧州の標準化に対抗できるのか~
Valeo社、Continental社、Infinion社など主要企業が講演


欧州メーカーが2016年に48Vのマイルドハイブリッド車(HEV)を実用化します。48V化する最大の狙いは、発電機で、エンジン駆動力をアシストできるようにすること。燃費が向上し、欧州の2021年規制(CO2排出量=95g/km)をクリアしやすくなります。一方の日本は、各社が200V程度の高電圧電源を搭載し、専用の駆動用モーターを配置する、本格的なストロングHEVで世界をリードしています。日本は欧州勢に対抗できるのか━━。今回のセミナーでは、48V規格の最新動向から、事例、HEV市場に与えるインパクトまで、多面的に迫ります。詳細は、こちら

日程 : 2016年5月24日
会場 : 関内新井ホール (横浜・関内)
主催 : 日経Automotive

おすすめ