• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり産業機器/部材 > ホンダの新型ミニバン「オデッセイ」、タンクの薄型化などで車室内高さを1325mmに

ホンダの新型ミニバン「オデッセイ」、タンクの薄型化などで車室内高さを1325mmに

  • 富岡 恒憲=Tech-On!編集
  • 2013/10/31 19:06
  • 1/2ページ
図1●ホンダの新型ミニバン「オデッセイ」の燃料タンク。従来モデルよりも76mm薄型化した。燃料タンクとしての厚みは最大部で150mmと薄い。
図1●ホンダの新型ミニバン「オデッセイ」の燃料タンク。従来モデルよりも76mm薄型化した。燃料タンクとしての厚みは最大部で150mmと薄い。
[画像のクリックで拡大表示]
図2●燃料タンクの裏面。燃料ポンプ周辺に燃料をためられるように、タンク内側に向かって底面の一部を食い込ませて壁を形成している。
図2●燃料タンクの裏面。燃料ポンプ周辺に燃料をためられるように、タンク内側に向かって底面の一部を食い込ませて壁を形成している。
[画像のクリックで拡大表示]

 ホンダが2013年11月1日に発売する新型ミニバン「オデッセイ」「オデッセイ アブソルート」では、車室内の高さを1325mmに拡大して広い空間を実現している。その実現に大きく貢献したものの1つが燃料タンクの薄型化だ(図1)。

 燃料タンクの厚みを最大部で150mmと、従来モデルよりも76mm、「ステップワゴン」よりも50mm薄くした。さらに排気管とリアのサスペンションの厚み(クルマの高さ方向)を薄くして、低床化を図り、2列目のステップ高を約30cmまで下げている。

 自動車の燃料タンクでは、坂道やコーナリングの際に燃料がどうしても端に寄る。タンクの容量が同じ場合、タンクの厚みが薄い(タンクの投影面積が大きい)ほどもともとの油面の高さが低いため、クルマの傾きや遠心力で燃料が端に寄ると、燃料ポンプで燃料を吸い上げにくい状況になりがちだ。新型オデッセイでは、そうした状況を回避するために、燃料ポンプ内に燃料をためておける空間を設けるとともに、燃料タンクの底面の一部を内側に食い込ませ、それにより壁を造って燃料ポンプの周辺に燃料ためられる空間を設けた(図2)。

【技術者塾】(6/10開催)
トヨタ流原価企画と原価管理

設計前に「利益をつくる」ノウハウ


「利益の95%以上は原価企画で決まる」──。これがトヨタ自動車の“常識”です。原価こそ、最初につくり上げるべきもの。設計者が主導しながら、利益を生む原価をつくり上げる具体的な方法を伝授します。 詳細は、こちら
日程 : 2016年6月10日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経ものづくり

おすすめ