• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり産業機器/部材 > ホンダの新型ミニバン「オデッセイ」、タンクの薄型化などで車室内高さを1325mmに

ホンダの新型ミニバン「オデッセイ」、タンクの薄型化などで車室内高さを1325mmに

  • 富岡 恒憲=Tech-On!編集
  • 2013/10/31 19:06
  • 1/2ページ
図1●ホンダの新型ミニバン「オデッセイ」の燃料タンク。従来モデルよりも76mm薄型化した。燃料タンクとしての厚みは最大部で150mmと薄い。
図1●ホンダの新型ミニバン「オデッセイ」の燃料タンク。従来モデルよりも76mm薄型化した。燃料タンクとしての厚みは最大部で150mmと薄い。
[画像のクリックで拡大表示]
図2●燃料タンクの裏面。燃料ポンプ周辺に燃料をためられるように、タンク内側に向かって底面の一部を食い込ませて壁を形成している。
図2●燃料タンクの裏面。燃料ポンプ周辺に燃料をためられるように、タンク内側に向かって底面の一部を食い込ませて壁を形成している。
[画像のクリックで拡大表示]

 ホンダが2013年11月1日に発売する新型ミニバン「オデッセイ」「オデッセイ アブソルート」では、車室内の高さを1325mmに拡大して広い空間を実現している。その実現に大きく貢献したものの1つが燃料タンクの薄型化だ(図1)。

 燃料タンクの厚みを最大部で150mmと、従来モデルよりも76mm、「ステップワゴン」よりも50mm薄くした。さらに排気管とリアのサスペンションの厚み(クルマの高さ方向)を薄くして、低床化を図り、2列目のステップ高を約30cmまで下げている。

 自動車の燃料タンクでは、坂道やコーナリングの際に燃料がどうしても端に寄る。タンクの容量が同じ場合、タンクの厚みが薄い(タンクの投影面積が大きい)ほどもともとの油面の高さが低いため、クルマの傾きや遠心力で燃料が端に寄ると、燃料ポンプで燃料を吸い上げにくい状況になりがちだ。新型オデッセイでは、そうした状況を回避するために、燃料ポンプ内に燃料をためておける空間を設けるとともに、燃料タンクの底面の一部を内側に食い込ませ、それにより壁を造って燃料ポンプの周辺に燃料ためられる空間を設けた(図2)。

トップページへ

【技術者塾】(7/25開催)
低コストを実現する機能安全設計の実践法

ISO26262に対応しつつ、回路の部品点数の半減を目指す


省エネルギー社会に則した機器をキャパシタを上手に活用しながら開発するために、その原理と特長、信頼性、長寿命化、高密度化、高出力化などのセル開発の進歩とキャパシタの持つ課題と対応技術まで、実践活用に役立つ応用事例を示しながら学んでいきます。。機能安全規格「ISO26262」に対応した安全設計を実施していく上で、考えなければならない設計の考え方や考慮すべきポイントを解説。これにより、コストの視点をしっかりと押さえつつ、「最適な安全設計を実現するために何をどこまで考慮すべきか」について判断ができるようになります。続いて、シンプルで最適な安全アーキテクチャを考えるためにはどうしたらよいかについて、回路の部品点数の削減事例を基に分かりやすく解説します。 詳細は、こちら
日程 : 2016年 7月25日
会場 : 御茶ノ水トライエッジカンファレンス
主催 : 日経Automotive

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓