• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > Exar、消費電流が2.6mAと小さい175MHz帯域のオペアンプICを発売、低価格も特徴

Exar、消費電流が2.6mAと小さい175MHz帯域のオペアンプICを発売、低価格も特徴

  • 山下 勝己=テクニカル・ライター
  • 2013/10/25 21:53
  • 1/1ページ
 米Exar社は、1回路当たりの消費電流が2.6mA(標準値)と小さく、利得1の帯域幅が175MHzと広いオペアンプICを3製品発売した。1回路入り(シングル品)の「XR8051」と2回路入り(デュアル品)の「XR8052」、4回路入り(クアッド品)の「XR8054」である。価格が低いことも特徴という。1000個購入時の米国での参考単価は、XR8051が0.69米ドル、XR8054が1.34米ドルである。ビデオ配信装置や監視カメラ、プロフェッショナル用ビデオ・カメラ、アクティブ・フィルタ回路、同軸ケーブル・ドライバ回路などに向ける。
【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓