• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > 「ウエラブル機器への適用を想定」、半導体エネルギー研究所が曲がるLiイオン2次電池を開発

「ウエラブル機器への適用を想定」、半導体エネルギー研究所が曲がるLiイオン2次電池を開発

  • 根津 禎=日経エレクトロニクス
  • 2013/10/24 20:57
  • 1/1ページ
半導体エネルギー研究所は曲がるLiイオン2次電池を開発し、パシフィコ横浜で開催中の「FPD International 2013」(2013年10月23日~25日)に出展した。「長らく開発に取り組んでいたが、公開するのは今回が初めて。スマートウオッチなどのウエアラブル機器への関心が高まる中、需要があるかと思い、展示に踏み切った」(説明員)という。開発した電池セルの他、腕輪型端末に実装した形でも展示していた。
【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓