Social Device 生活と社会を支える
 

1兆個のセンサが覆う社会実現へ、大手IT・半導体・部品など30社が結集

三宅 常之=Tech-On!
2013/10/24 20:00
印刷用ページ
[画像のクリックで拡大表示]

 毎年1兆個を超えるセンサを使う社会“Trillion Sensors Universe”を10年以内に実現することを目指す会合「TSensors Summit」が、米国の産学の主導で2013年10月23日、米Stanford University(米国カリフォルニア州)で始まった(関連記事1)。

 参加しているのは、米Cisco Systems社、米HP Lab社、米Motorola Mobility社などの大手IT(情報技術)企業、米Fairchild Semiconductor社、米Intel社、米Kionix社、米Rambus Labs社、ドイツRobert Bosch社、伊仏STMicroelectronics社、米Texas Instruments社などの半導体・電子部品関連企業で、合わせて30社以上。Stanford Universityのほか、米California Institute of Technology、米University of California(UC), Berkeley、米UC, San Diego、仏CEA-LETI、ベルギーIMECなど10を超える大学・研究機関も名を連ねる。いずれも会合の趣旨に賛同して、経営、マーケティング、技術などさまざまな視点から大量のセンサ利用に関するプレゼンテーションを披露している。

センサで水道哲学を実践

 この会合は、現在の100倍規模の数量のセンサが消費されるようにすることを目指す。センサの応用範囲を、携帯電話機やスマートフォンなどの民生機器から、ヘルスケア、医療・医薬、バイオ、食糧、農畜産業、交通、住宅、オフィスなど幅広い分野へも拡大しようとする(関連記事2)。そのため、こうした分野におけるセンサの潜在的な需要をすべて満たせるほどの低廉かつ十分な供給がある状態をつくろうとしている。

 例えば、人の健康や社会インフラの保守のためにセンサを使いたくても、コストや仕様が要求を満たさないために、使えないことが現在ならある。このような場合にも誰もが気兼ねなくセンサを利用できる状態の実現を目標とする。蛇口をひねると安全な水が安くふんだんに使えるなら、水を大量に使うプールや銭湯などの事業が成り立つ。TSensors Universeは、いわばセンサで「水道哲学」を実践した社会といえる。センサを利用できるユーザーが限られていたために「センサを使えていれば困らずにすんだ」というユーザーもなくせる。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング