ニュース

三菱樹脂、自社工場の屋根貸しなどで3.5MWのメガソーラー

2013/10/23 21:10
金子 憲治=日経BPクリーンテック研究所
印刷用ページ
福島県郡山市にある郡山製造所の外観
福島県郡山市にある郡山製造所の外観
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 三菱樹脂は、福島県郡山市にある郡山製造所内の敷地と工場屋根の一部を、三井物産とオリックスに太陽光発電事業向け用地として貸与する。両社とそれぞれ20年間の土地賃貸借等の契約を締結した。太陽光発電設備の設置面積は合計約5万2000m2で、太陽光パネル設置容量は約3.5MWとなる。三井物産が敷地に2809kW、オリックスが屋根上に646kWの太陽光パネルを設置する。

 三菱樹脂は、地域貢献や復興支援の観点から、郡山製造所内の一部敷地を地元少年野球チームに無償で提供したり、復興事業向けの資材置き場として貸し出したりしてきた。メガソーラー(大規模太陽光発電所)の設置に関しても、「地域のエネルギーの安定供給に間接的に貢献できる有効な活用方法と考え、両社への貸与を決めた」(三菱樹脂)という。

 屋根設置型の太陽光発電は、他社が所有する工場や倉庫などの屋根を発電事業会社(今回はオリックス)が賃借し、太陽光発電システムを設置して売電する事業。オリックスは、地上設置のメガソーラー事業と並んで屋根設置型による太陽電光発電事業に取り組んでおり、屋根設置だけで合計100MWの設置を目指している。

  • 記事ランキング