アナログ エレクトロニクスを支える基盤技術
 

TI、インダクタ抵抗による電流検出の温度補償機能を搭載した降圧型DC-DCコンバータ制御ICを発売

山下 勝己=テクニカル・ライター
2013/10/23 19:23
印刷用ページ
 米Texas Instruments(TI)社は、インダクタの直流抵抗を使った電流検出の温度補償機能を搭載した降圧型DC-DCコンバータ制御IC「LM27403」を発売した。外付けのバイポーラ・トランジスタを使ってインダクタの温度をリモートで検出し、検出した電流に対してリアルタイムで温度補償を施す仕組みである。この結果、電流制限機能の精度を10%高めることが可能になり、インダクタに小型品が使えるようになる。従って、プリント基板の実装面積を削減できるわけだ。通信機器や組み込みコンピュータ、サーバーなどに搭載するPOL(point of load)コンバータに向ける。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング