3Dプリンター 造形技術と装置、活用法の3Dプリンティング最新動向
 

富士通、「ものづくり革新隊」でビッグデータ解析と3Dプリンタ造形などのサービスを開始

木崎 健太郎=日経ものづくり
2013/10/23 12:56
印刷用ページ
 富士通は2013年10月23日、製造業向けサービス事業「ものづくり革新隊」のメニューを拡充し、[1]3Dプリンタや切削加工による精密部品の製作を含めた製造支援サービス、[2]工場の設備などから取得したビッグデータ(大容量のデジタルデータ)の分析サービス、[3]生産準備段階の仮想検証サービスなどを開始した。ものづくり革新隊は、ITに限らずものづくり自体についても顧客を支援するサービスとして、富士通が2012年10月に開始したサービス。「約1年間、コンサルティングを中心にサービスを提供してきたが、実際に試作品を製作してほしいという案件などもあり、サービスメニューを増やすことにした。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング