• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクスアナログ > STMicro、1回路当たりの消費電流が580nAと小さいオペアンプICを発売

STMicro、1回路当たりの消費電流が580nAと小さいオペアンプICを発売

  • 山下 勝己=テクニカル・ライター
  • 2013/10/18 22:37
  • 1/1ページ
 伊仏合弁STMicroelectronics社は、1回路当たりの消費電流が580nA(+1.8V駆動、+25℃時の標準値)と小さいオペアンプIC「TSU101/TSU102/TSU104」を発売した。TSU101は1回路入り(シングル)品、TSU102は2回路入り(デュアル)品、TSU104は4回路入り(クアッド)品である。同社によると、「Liイオン2次電池の自己放電電流を下回る程度まで、消費電流を低減した」という。コイン型電池などで駆動する電子機器に向ける。具体的には、エナジー・ハーベスティング対応機器や、医療用モニタ機器、煙探知機、赤外線検出器、無線センサー機器、セキュリティ・カメラ、スマート・タグなどを挙げている。
【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓