• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子設計 > 「アジアでのシェア拡大を狙い、米国西海岸に研究開発拠点」、図研がプライベート展でビジョン

「アジアでのシェア拡大を狙い、米国西海岸に研究開発拠点」、図研がプライベート展でビジョン

  • 小島 郁太郎=Tech-On!編集
  • 2013/10/15 18:00
  • 1/2ページ

 国内EDA(electronic design automation)ベンダー大手の図研は、世界市場への進出のビジョンを2013年10月10日と11日に横浜で開催したプライベート・イベント「ZukenInnovation World 2013」で明らかにした。同社の仮屋 和浩氏(EDA事業部常務取締役 事業部長)が「図研のビジョンとロードマップ」という講演で語った。

図1●講演する仮屋 和浩氏
Tech-On!が撮影。スクリーンは図研のスライド。
[画像のクリックで拡大表示]
図2●ユーザー講演するSiemens 社のMichael Flügel氏(Infrastructure & City Sector, Mobility and Logistics Division, Project Manager)
Tech-On!が撮影。スクリーンは同社のスライド。
[画像のクリックで拡大表示]

 仮屋氏(図1)が見せた市場調査会社のデータによれば、ボード(プリント基板)設計用EDAの国内市場で同社の市場シェアは52~54%で第1位。一方、世界市場ではシェア20%で第2位。3位の米Cadence Design Systems社の16%よりシェアは大きいが、1位の米Mentor Graphics社の40%の半分にとどまっている。国内市場の伸びはそれほど期待できないため、海外での事業規模拡大は同社の成長にとって欠かせない。

 図研は1994年に同業の英Racal-Redac社を買収しており、欧州では一定の規模で事業を展開してきた。最近は「国内の民生機器の複雑なボード向けに開発した機能が、欧州の産業機器などでも受け入れられ、ユーザーが増えている」(同氏)という。実際、今回のプライベート・イベントでも、独Siemens社が鉄道制御システム機器のボードに、独Continental社のECUボードに、図研のEDAを適用した事例をそれぞれの企業のエンジニアが発表している(図2)。

 仮屋氏によれば、2003年~2010年間で欧州市場における図研の売上高は47%伸びている。同じ期間に日本市場では16%増えた。ところが、アジア市場では8%しか伸びていない。昨年のプライベート・イベントでは台湾DMS大手のPegatron社(和碩聯合科技股份有限公司)がユーザー講演したものの(Tech-On!関連記事1)、そのほかのアジアのEMS/DMS企業の大手のビジネスでは苦戦している様子が窺える。

【技術者塾】(5/17開催)
キャパシタ応用を広げるための基礎と活用のための周辺技術


省エネルギー社会に則した機器を、キャパシタを上手に活用しながら開発するために、その原理と特長、信頼性、長寿命化、高密度化、高出力化などのセル開発の進歩とキャパシタの持つ課題と対応技術まで、実践活用に役立つ応用事例を示しながら学んでいきます。 詳細は、こちら
日程 : 2016年5月17日
会場 : BIZ新宿
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ