EDA・ソフトウエア 強いLSIやボードを設計するための
 

「アジアでのシェア拡大を狙い、米国西海岸に研究開発拠点」、図研がプライベート展でビジョン

小島 郁太郎=Tech-On!編集
2013/10/15 18:00
印刷用ページ

 国内EDA(electronic design automation)ベンダー大手の図研は、世界市場への進出のビジョンを2013年10月10日と11日に横浜で開催したプライベート・イベント「ZukenInnovation World 2013」で明らかにした。同社の仮屋 和浩氏(EDA事業部常務取締役 事業部長)が「図研のビジョンとロードマップ」という講演で語った。

図1●講演する仮屋 和浩氏
Tech-On!が撮影。スクリーンは図研のスライド。
[画像のクリックで拡大表示]
図2●ユーザー講演するSiemens 社のMichael Flügel氏(Infrastructure & City Sector, Mobility and Logistics Division, Project Manager)
Tech-On!が撮影。スクリーンは同社のスライド。
[画像のクリックで拡大表示]

 仮屋氏(図1)が見せた市場調査会社のデータによれば、ボード(プリント基板)設計用EDAの国内市場で同社の市場シェアは52~54%で第1位。一方、世界市場ではシェア20%で第2位。3位の米Cadence Design Systems社の16%よりシェアは大きいが、1位の米Mentor Graphics社の40%の半分にとどまっている。国内市場の伸びはそれほど期待できないため、海外での事業規模拡大は同社の成長にとって欠かせない。

 図研は1994年に同業の英Racal-Redac社を買収しており、欧州では一定の規模で事業を展開してきた。最近は「国内の民生機器の複雑なボード向けに開発した機能が、欧州の産業機器などでも受け入れられ、ユーザーが増えている」(同氏)という。実際、今回のプライベート・イベントでも、独Siemens社が鉄道制御システム機器のボードに、独Continental社のECUボードに、図研のEDAを適用した事例をそれぞれの企業のエンジニアが発表している(図2)。

 仮屋氏によれば、2003年~2010年間で欧州市場における図研の売上高は47%伸びている。同じ期間に日本市場では16%増えた。ところが、アジア市場では8%しか伸びていない。昨年のプライベート・イベントでは台湾DMS大手のPegatron社(和碩聯合科技股份有限公司)がユーザー講演したものの(Tech-On!関連記事1)、そのほかのアジアのEMS/DMS企業の大手のビジネスでは苦戦している様子が窺える。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

【9月18日(金)開催】高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング