• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子設計 > シミュレーションでのモデル間インタフェースFMIの次期版2.0、2013年末に確定へ

シミュレーションでのモデル間インタフェースFMIの次期版2.0、2013年末に確定へ

  • 木崎 健太郎=日経ものづくり
  • 2013/10/11 19:04
  • 1/1ページ
 シミュレーションのモデル間で物理量をやり取りするための規格FMI(Functional Mockup Interface)の次期バージョンFMI2.0が2013年12月に確定、公表する見込みであることが明らかになった。FMIの策定を担当しているModelica協会FMIプロジェクト議長のTorsten Blochwitz氏(独ITI社R&Dマネジャ)が明らかにした。さらに、2014年中ごろに小さな改訂を加えたFMI2.1を確定させ、これで「ほぼ主要な規定がそろって大きな変更や追加はなくなり、普及を拡大できる時期になる」(同氏)という。
【技術者塾】(6/16開催)
実用化迫る、自動運転支援のためのセンシング技術


安全で安心な自動運転車の実現に向けて、運転自動化支援に必要なセンシングアルゴリズムの基礎理論から、自動運転に向けたさまざまな応用技術、最近の話題などについて、分かりやすく解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年6月16日
会場 : 化学会館 7F(東京・御茶ノ水)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ