• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子設計 > シミュレーションでのモデル間インタフェースFMIの次期版2.0、2013年末に確定へ

シミュレーションでのモデル間インタフェースFMIの次期版2.0、2013年末に確定へ

  • 木崎 健太郎=日経ものづくり
  • 2013/10/11 19:04
  • 1/1ページ
 シミュレーションのモデル間で物理量をやり取りするための規格FMI(Functional Mockup Interface)の次期バージョンFMI2.0が2013年12月に確定、公表する見込みであることが明らかになった。FMIの策定を担当しているModelica協会FMIプロジェクト議長のTorsten Blochwitz氏(独ITI社R&Dマネジャ)が明らかにした。さらに、2014年中ごろに小さな改訂を加えたFMI2.1を確定させ、これで「ほぼ主要な規定がそろって大きな変更や追加はなくなり、普及を拡大できる時期になる」(同氏)という。
【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓