設計力向上 開発手法と支援ツールの動向・事例
 

パナソニックと図研、プリント回路基板用CADのユーザーインタフェースを「TOUGHPAD 4K」向けに改良

木崎 健太郎=日経ものづくり
2013/10/10 18:34
印刷用ページ
 パナソニックと図研は、「ZUKEN Innovation World」(2013年10月10~11日、横浜ベイホテル東急)において、プリント回路基板(PCB)設計用CAD「CR-8000 Design Force」を高解像度のタブレット「TOUGHPAD 4K」(パナソニック、2013年12月発売予定)で稼働させて展示した(図)。両社はCR-8000 Design ForceがTOUGHPAD 4K上で完全に動作するかどうかをまず確かめ、さらにTOUGHPAD 4K専用にペン入力を併用したユーザー・インタフェースを開発する考え。会場では、TOUGHPAD 4K自体のPCBの設計データを原寸大で表示して見せていた。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS
製造業IT:日経テクノロジーオンライン × ITpro Active

お薦めトピック

記事ランキング