アナログ エレクトロニクスを支える基盤技術
 

TIが包絡線追跡に対応したDC-DCコンバータICを発売、パワー・アンプの電力消費を25%削減

山下 勝己=テクニカル・ライター
2013/10/08 21:01
印刷用ページ
 米Texas Instruments(TI)社は、包絡線追跡(エンベロープ・トラッキング)方式に対応したDC-DCコンバータIC「LM3290」を発売した。包絡線追跡方式とは、RFパワー・アンプの高効率駆動を可能にする技術である。RFパワー・アンプへの入力信号を監視し、その包絡線(振幅)に合わせて電源電圧を調整する。こうすることで無駄な電力供給が少なくなり、効率が向上する。一般に、無線通信の帯域幅とパワー・アンプの効率はトレードオフの関係にあり、帯域幅を広げると効率は低下してしまう。しかし、包絡線追跡方式を使えば、広帯域化と高効率化の両立が可能になる。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング