• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクスアナログ > TIが包絡線追跡に対応したDC-DCコンバータICを発売、パワー・アンプの電力消費を25%削減

TIが包絡線追跡に対応したDC-DCコンバータICを発売、パワー・アンプの電力消費を25%削減

  • 山下 勝己=テクニカル・ライター
  • 2013/10/08 21:01
  • 1/1ページ
 米Texas Instruments(TI)社は、包絡線追跡(エンベロープ・トラッキング)方式に対応したDC-DCコンバータIC「LM3290」を発売した。包絡線追跡方式とは、RFパワー・アンプの高効率駆動を可能にする技術である。RFパワー・アンプへの入力信号を監視し、その包絡線(振幅)に合わせて電源電圧を調整する。こうすることで無駄な電力供給が少なくなり、効率が向上する。一般に、無線通信の帯域幅とパワー・アンプの効率はトレードオフの関係にあり、帯域幅を広げると効率は低下してしまう。しかし、包絡線追跡方式を使えば、広帯域化と高効率化の両立が可能になる。
【技術者塾】(5/26開催)
シミュレーション要らずの熱設計・熱対策

~熱を電気回路に見立てて解析、演習で応用力アップ~


本講演を受講すると、シミュレーションに頼らない実践的な熱対策・熱設計ができるようになります。演習を通して実際に熱を解析し、熱設計への理解を深められます。現場で応用できる熱解析ツールを自分で作成できるようになります。 詳細は、こちら
日程 : 2016年5月26日
会場 : 化学会館 7F(東京・御茶ノ水)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ