• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > 「Si半導体を使うミリ波無線通信端末の実用化にメド」、富士通らが雑音1/3の信号生成回路を開発

「Si半導体を使うミリ波無線通信端末の実用化にメド」、富士通らが雑音1/3の信号生成回路を開発

  • 小島 郁太郎=Tech-On!編集
  • 2013/10/08 18:45
  • 1/1ページ
富士通と富士通研究所は、Si半導体を用いたミリ波送受信機への適用を狙い、低雑音な信号生成回路を開発した。今回の回路の開発によって、車載レーダーなどのミリ波無線通信端末を、Si半導体を使って実用化するメドを付けたという。
全固体電池最前線の告知サイト

おすすめ