• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクスアナログ > IR、ピーク効率が97%と高い最大35A出力の降圧型DC-DCコンバータICを発売

IR、ピーク効率が97%と高い最大35A出力の降圧型DC-DCコンバータICを発売

  • 山下 勝己=テクニカル・ライター
  • 2013/10/04 13:53
  • 1/1ページ
 米International Rectifier(IR)社は、ピーク効率が97%と高い降圧型DC-DCコンバータIC「IR3846」を発売した。PWM制御回路とパワーMOSFETを搭載したICである。インダクタやコンデンサ、抵抗などを外付けすれば、降圧型DC-DCコンバータを構成できる。特徴は、変換効率が高いことだ。ピーク値で97%を超える効率が得られるとする。さらに35A出力時でも、効率は約95%に達する。POL(point of load)コンバータに向ける。具体的な用途としては、サーバーやストレージ装置、ネットワーク装置、通信装置を挙げている。
【技術者塾】
「決定版! アナログ回路技術者に必須のオペアンプを完全理解」(2016年6月23日(木))


オペアンプを基礎から十分に理解できていなければ、アナログ回路を設計したり応用したりすることはできません。本講座では、オペアンプの役割から詳細設計、実際に使用されているオペアンプの応用までを1日でマスターします。詳細は、こちら
日時:2016年6月23日(木)10:00~17:00
会場:化学会館(東京・御茶ノ水)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ