• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス機器 > プログラム可能なCNTコンピュータ、Stanford大学が開発

プログラム可能なCNTコンピュータ、Stanford大学が開発

  • 野澤 哲生=日経エレクトロニクス
  • 2013/10/03 19:33
  • 1/1ページ
Stanford大学が開発した、CNTプロセサの4インチ・ウエハー。写真:Stanford University
Stanford大学が開発した、CNTプロセサの4インチ・ウエハー。写真:Stanford University
[クリックすると拡大した画像が開きます]
論文の第一著者であるMax Shulaker氏。Stanford大学の博士課程の学生である。左手にCNTプロセサの4インチ・ウエハーを持っている。写真:Norbert von der Groeben
論文の第一著者であるMax Shulaker氏。Stanford大学の博士課程の学生である。左手にCNTプロセサの4インチ・ウエハーを持っている。写真:Norbert von der Groeben
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 米Stanford Universityは、カーボン・ナノチューブ(CNT)トランジスタを集積したプロセサを開発したと発表した(発表資料)。米MIPS Technologies社のMIPSアーキテクチャの命令セットのうち基本的な20の命令を実行可能で、マルチタスク可能な独自の簡易OSが動作する。演算内容のプログラムが可能で、外部端末から入力したデータを利用する簡単な演算ができるという。詳細を記した論文は学術誌「Nature」に掲載された。

 開発したプロセサは、CNTトランジスタ178個を1チップ上に集積したもの。CNTトランジスタ1個には、CNTを10~200本用いている。178個のCNTトランジスタのうち、96個を2ビットのALU(算術論理装置)に用いている。動作周波数は1kHzと高くないが、「CNT関連の限界ではなく、大学の製造装置や測定用装置が古いことなどによる制限」(論文)という。

 プロセサは、4インチのSi/SiO2ウエハー上に作製する。CNTは水晶基板上で成長させてから、テープを使ってウエハー上に転写する。今回用いたCNTは、金属型CNTを99.99%以上除去した半導体型CNTを用いており、電流のオン/オフ比は十分に高いという。

【技術者塾】(5/26開催)
シミュレーション要らずの熱設計・熱対策

~熱を電気回路に見立てて解析、演習で応用力アップ~


本講演を受講すると、シミュレーションに頼らない実践的な熱対策・熱設計ができるようになります。演習を通して実際に熱を解析し、熱設計への理解を深められます。現場で応用できる熱解析ツールを自分で作成できるようになります。 詳細は、こちら
日程 : 2016年5月26日
会場 : 化学会館 7F(東京・御茶ノ水)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ