家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

プログラム可能なCNTコンピュータ、Stanford大学が開発

野澤 哲生=日経エレクトロニクス
2013/10/03 19:33
印刷用ページ
Stanford大学が開発した、CNTプロセサの4インチ・ウエハー。写真:Stanford University
Stanford大学が開発した、CNTプロセサの4インチ・ウエハー。写真:Stanford University
[クリックすると拡大した画像が開きます]
論文の第一著者であるMax Shulaker氏。Stanford大学の博士課程の学生である。左手にCNTプロセサの4インチ・ウエハーを持っている。写真:Norbert von der Groeben
論文の第一著者であるMax Shulaker氏。Stanford大学の博士課程の学生である。左手にCNTプロセサの4インチ・ウエハーを持っている。写真:Norbert von der Groeben
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 米Stanford Universityは、カーボン・ナノチューブ(CNT)トランジスタを集積したプロセサを開発したと発表した(発表資料)。米MIPS Technologies社のMIPSアーキテクチャの命令セットのうち基本的な20の命令を実行可能で、マルチタスク可能な独自の簡易OSが動作する。演算内容のプログラムが可能で、外部端末から入力したデータを利用する簡単な演算ができるという。詳細を記した論文は学術誌「Nature」に掲載された。

 開発したプロセサは、CNTトランジスタ178個を1チップ上に集積したもの。CNTトランジスタ1個には、CNTを10~200本用いている。178個のCNTトランジスタのうち、96個を2ビットのALU(算術論理装置)に用いている。動作周波数は1kHzと高くないが、「CNT関連の限界ではなく、大学の製造装置や測定用装置が古いことなどによる制限」(論文)という。

 プロセサは、4インチのSi/SiO2ウエハー上に作製する。CNTは水晶基板上で成長させてから、テープを使ってウエハー上に転写する。今回用いたCNTは、金属型CNTを99.99%以上除去した半導体型CNTを用いており、電流のオン/オフ比は十分に高いという。

【9月15日(火)開催】触るインタフェース(応用編)
~ウエアラブルと身体性から読み解く次世代インタフェース~


ウエアラブルデバイスで触覚情報を利用するための基礎と最新技術や、全身触覚と身体性に着目した新しい触覚インタフェースの新潮流について解説する。この分野に精通する3人の講師が、様々な研究開発例とその実装方法を紹介する。詳細は、こちら
会場:BIZ新宿 (東京・西新宿)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング