• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEクルマ > ダイハツ「タント」、外板に樹脂を多く使い10kg軽く

ダイハツ「タント」、外板に樹脂を多く使い10kg軽く

  • 浜田 基彦=日経Automotive Technology
  • 2013/10/03 19:15
  • 1/1ページ
 ダイハツ工業は、軽乗用車「タント」を全面改良し、2013年10月3日に発売した。フード、フロントフェンダ、バックドア、フューエルリッド、レールカバーを樹脂製とすることで、従来の鋼製パーツに比べ約10kg軽くした。レールカバーはスライドドアのレールを隠すカバー。
自動車未来サミット/モビリティーNEXT2016の告知サイト

おすすめ