• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり産業機器/部材 > 古河電工、Liイオン電池の充放電中の電極厚み変化などを把握する手法を確立

古河電工、Liイオン電池の充放電中の電極厚み変化などを把握する手法を確立

  • 大石 基之=日経ものづくり
  • 2013/10/03 15:51
  • 1/1ページ
 古河電工は、Liイオン電池の充放電サイクル中に黒鉛およびシリコン系電極の厚みを定量的にその場で測定する手法を確立した。この手法を適用することで、充放電に伴う電極厚み変化や集電体の変形を的確に把握することが可能になる。
【技術者塾】(5/19開催)
クルマの軽量化の切り札 CFRPを使いこなす

材料物性から成形、設計、製品事例までを徹底理解


トヨタ自動車の「レクサスLFA」のCFRP製ボディーを開発した講師が、自動車メーカーの開発の考え方や、CFRPの材料物性や成形法、クルマへの適用事例などについて解説。CFRP製品の設計や生産技術の開発に必須の知識を1日で学べます。 詳細は、こちら
日程 : 2016年5月19日
会場 : 御茶ノ水トライエッジカンファレンス
主催 : 日経ものづくり

おすすめ