メガソーラー 発電事業を成功に導く
 

田淵電機、メガソーラー向け分散型パワコンを発売

金子 憲治=日経BPクリーンテック研究所
2013/10/03 14:28
印刷用ページ
 

 田淵電機は、メガソーラー(大規模太陽光発電所)向けの出力25kWのパワーコンディショナー(PCS)を商品化した。同社は、住宅用の小型PCSで実績がある。その技術をメガソーラー向けのPCSの分散型システムに応用した。メガソーラーは通常、太陽光パネルの出力を100~500kWごとに大型PCSに繋げて交流に変換する。田淵電機の分散システムでは、出力25kWごとに小型PCSに接続する。

 一般的にPCSを分散型システムにすると、設置台数が増えるため、1kW当たりのPCSの導入コストは上がりやすくなる。ただ、PCSが故障した場合の売電量の減少リスクが小さくなることや、太陽光パネルをストリング(複数のパネルを直列配線したグループ)ごとに制御・モニタリングできるという利点もあるとされる。
 
 メガソーラーのシステムを巡っては、PSCの出力をより大型化して設置台数を減らすことで、初期費用を削減する方向性も強まっている。初期コストと運用コスト、そしてリスク低減などのバランスをどうとるか、試行錯誤が続きそうだ。

日経エレクトロニクスセミナー
蓄エネ革命2015
電池からフライホイール、水素・圧縮空気貯蔵まで

蓄エネ技術を開発するメーカーは、今こそ勝負どきと考え、開発スピードを一気に高め始めました。本セミナーでは、Liイオン2次電池やNAS電池などの蓄電池に加えて、フライホイールや水素・圧縮空気貯蔵といった新たな蓄エネ技術の最新情報を紹介します。詳細は、こちら
日時:2015年9月30日(水)10:00~17:00(開場9:30予定) 
会場:JA共済ビル カンファレンスホール (東京・永田町)
主催:エレクトロニクス
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS
  • 記事ランキング

    メルマガ会員募集中:メガソーラービジネス