メガソーラー 発電事業を成功に導く
 

米サンパワー社、ユーラスエナジーに太陽光パネルを供給

金子 憲治=日経BPクリーンテック研究所
2013/10/03 11:00
印刷用ページ
 
サンパワー製パネルを設置する「ユーラス豊頃ソーラーパーク」完成予想図(出所:ユーラスエナジーホールディングス)
サンパワー製パネルを設置する「ユーラス豊頃ソーラーパーク」完成予想図(出所:ユーラスエナジーホールディングス)
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 米サンパワー社は、ユーラスエナジーホールディングスが関発・建設している2つのメガソーラー(大規模太陽光発電所)プロジェクトに太陽光パネルを供給すると発表した。
青森県上北郡六ケ所村で建設が進んでいる「ユーラス六ヶ所ソーラーパーク」と、北海道中川郡豊頃町で建設している「ユーラス豊頃ソーラーパーク」だ。

 「ユーラス六ヶ所ソーラーパーク」は、2地区に分かれており、合計すると総出力115MW(交流変換前の直流ベースで148MW)の国内最大級のメガソーラー。太陽光パネルは、サンパワー社製と三菱電機製の単結晶シリコン型太陽電池を採用した。このうちサンパワー社が69MW分を供給する。変換効率20.1%の「バックコンタクト方式」で、同方式は電極接合が裏面にあるため面積当たりの発電量が多いという特徴がある。EPC(設計・調達・建設)事業者は清水建設が担当し、2015年11月に稼働予定だ。

 また、「ユーラス豊頃ソーラーパーク」は、総出力22MW(交流変換前の直流ベースで27.4MW)で、太陽光パネルの全量(27.4MW)がサンパワー製で、六ヶ所村サイトと同タイプになる。EPC事業者は大林組が担当し、2015年1月に稼働する予定だ。

日経エレクトロニクスセミナー
蓄エネ革命2015
電池からフライホイール、水素・圧縮空気貯蔵まで

蓄エネ技術を開発するメーカーは、今こそ勝負どきと考え、開発スピードを一気に高め始めました。本セミナーでは、Liイオン2次電池やNAS電池などの蓄電池に加えて、フライホイールや水素・圧縮空気貯蔵といった新たな蓄エネ技術の最新情報を紹介します。詳細は、こちら
日時:2015年9月30日(水)10:00~17:00(開場9:30予定) 
会場:JA共済ビル カンファレンスホール (東京・永田町)
主催:エレクトロニクス
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS
  • 記事ランキング

    メルマガ会員募集中:メガソーラービジネス