• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエネルギー > 【EU PVSEC】東芝がCIGS型太陽電池で変換効率20.7%、新たな製造手法で実現

【EU PVSEC】東芝がCIGS型太陽電池で変換効率20.7%、新たな製造手法で実現

  • 河合 基伸=日経エレクトロニクス
  • 2013/10/02 14:05
  • 1/1ページ
 東芝は、太陽電池関連技術の国際学会「EU PVSEC」(2013年9月30日~10月4日、パリ)で、CIGS型太陽電池の新たな製造手法を発表した。自社測定ながら、小面積セルで変換効率20.7%を実現しており、「2年後に25%を達成するのが目標」(説明員)という。なお、CIGS型太陽電池の変換効率の世界最高値は20.4%である。産業技術総合研究所などの測定で20.7%が確認できれば、世界最高値を塗り変えることになる。
【技術者塾】(5/18開催)
エンジンのプロが教える 自動車エンジンの基礎・最新技術・将来

~高圧縮比化や可変圧縮比化、リーンバーン、HCCI、ヒートマネージメントなどについても解説~


トヨタ自動車で長年エンジンの設計開発を手掛けた講師が、エンジン技術を基本から解説します。その上で、地球温暖化/エネルギー・セキュリティーなどの点から考慮すべき技術課題を整理。エンジンの最新技術や、将来の動力源の技術動向、棲み分けについて解説します。 詳細は、こちら
日程 : 2016年5月18日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経ものづくり

おすすめ