機械・部材 革新を支える産業機器と部品・材料の情報源
 

NEDOと川重、タイの大学に臨床用の細胞自動培養システム「R-CPX」を設置

丸山 正明=技術ジャーナリスト
2013/10/01 17:41
印刷用ページ

 2013年9月30日、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と川崎重工業は、「川重が開発した臨床用の細胞自動培養システム『R-CPX』をタイのチュラロンコン大学医学部内に設置し、同年10月から実証実験を始める」と発表した(図)。再生・細胞医療分野での先行的な布石として、臨床用の細胞自動培養システムを稼働させ、その実績をつくる戦略である。最終的には、実証実験の実績を踏まえて、タイの医療機関などが再生・細胞医療の薬事承認を取得することを目指す。

臨床用の細胞自動培養システム「R-CPX」の外観
図●臨床用の細胞自動培養システム「R-CPX」の外観

 R-CPXは、中央に配した2台の6軸垂直多関節型ロボットがレール上を動く仕組みで、両ロボットが細胞培養の容器を培養室から取り出し、古くなった培地(培養液)を交換するなどの作業を行う。培養容器のキャップを開けるなどの作業では2台のロボットが協調して動作する。

 両ロボットは“クリーン”仕様のもの。川重によれば、「システム内を除染する過酸化水素蒸気(H2O2)によって腐食しないように、アームカバーやシールに高耐食性の材料を採用するなどの工夫を凝らしてある」(システム技術開発センターMDプロジェクト室)。また、培養された細胞の品質をCCDカメラなどで確認する機能や、故障時に川重の担当者が遠隔で操作・確認する機能が盛り込まれている。表にR-CPXの基本仕様を示す。

表●R-CPXの基本仕様
対象細胞接着系細胞
培養能力最大10インキュベータ(1インキュベータ当たりフラスコ6個)
取り扱い容器T175フラスコ、T500フラスコ、ハイパーフラスコ
装置寸法幅6.4×奥行き1.65×高さ2.4m
設置環境クリーン度10万(装置内部はクリーン度100)
除染機能過酸化水素蒸気による自動除染

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

【日経デジタルヘルス・セミナー】

次世代がん診断サミット2015
~「超早期」への破壊的イノベーション、始まる~


1滴の血液や尿、呼気などといった容易に取得できる生体試料からがんの兆候を捉えるといった破壊的イノベーションの最新動向や、それらのイノベーションがもたらす医療のパラダイムシフトなどについて一望できるプログラムを用意しました。詳細はこちら

日時:2015年9月2日(水)10:00~17:00
会場:富士ソフト アキバプラザ(東京・秋葉原)

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング