• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクスアナログ > 東芝、小型パッケージに封止したユニポーラ型ステッピング・モーター駆動ICを発売

東芝、小型パッケージに封止したユニポーラ型ステッピング・モーター駆動ICを発売

  • 山下 勝己=テクニカル・ライター
  • 2013/09/30 19:14
  • 1/1ページ
 東芝は、48端子QFNパッケージに封止したユニポーラ型ステッピング・モーター駆動IC「TB67S14x」を開発し、2013年12月にサンプル出荷を始めると発表した。これまで、ユニポーラ型ステッピング・モーター駆動ICは、逆起電力によるオーバーシュートに対応するため60Vを超える最大定格が必要だった。このためモーター駆動制御チップと、出力段の高耐圧FETチップや高耐圧バイポーラ・トランジスタ・チップを混載するハイブリッド構造を採用していた。今回は、新規開発した高耐圧アナログ・プロセス(耐圧が80Vの130nmBiCDプロセス)を採用することで、モノリシック化が可能になった。
【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓