機械・部材 革新を支える産業機器と部品・材料の情報源
 

東北大など、Cu系形状記憶合金の結晶粒を数cmに巨大化させる熱処理手法を発見

池松 由香=日経ものづくり
2013/09/27 16:01
印刷用ページ
 東北大学大学院工学研究科金属フロンティア工学専攻助教の大森俊洋氏と同教授の貝沼亮介氏らの研究グループは、銅(Cu)系形状記憶合金に対して約900℃以下の温度域で冷却と加熱のサイクル熱処理を施すと、結晶粒成長速度が著しく速くなる「異常粒成長現象」が起こることを発見した(図)。これにより、これまで断面サイズ(棒材であれば直径、板材であれば厚み)が約1mm以下の製品に限られていたCu系形状記憶合金の用途を同数cmにまで拡大できるという。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング