• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > 富士通研がケータイ基地局の送信増幅器の高効率化技術を開発、アウトフェージングをRFで実用化

富士通研がケータイ基地局の送信増幅器の高効率化技術を開発、アウトフェージングをRFで実用化

  • 小島 郁太郎=Tech-On!編集
  • 2013/09/26 16:26
  • 1/1ページ
富士通研究所は、携帯電話基地局などの高周波用無線装置に使われる送信電力増幅器の電力効率(出力電力と全消費電力の比率)を高める回路技術を開発した。開発した技術を使ってピーク出力が100Wの送信増幅器を試作したところ、送信時の平均電力効率を従来の50パーセントから70パーセントに向上させられた。
【技術者塾】(6/6開催)
最適制御とモデル予測制御の基礎から応用展開まで


最適制御の基礎と数値解法の考え方を解説した上で、モデル予測制御の問題設定、実時間アルゴリズム、そして最先端の応用事例について解説します。実際に応用する際の手順がイメージできるよう、簡単な例題を交えて説明します。詳細は、こちら
日程 : 2016年6月6日
会場 : BIZ新宿 (東京・西新宿)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ