家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

「あえて存在感を消したかった」、PS Vita TVについてSCEに聞く

根津 禎=日経エレクトロニクス
2013/09/25 19:49
印刷用ページ
図1 左からSCEの島田氏、松本氏、渋谷氏
図1 左からSCEの島田氏、松本氏、渋谷氏
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図2 PS Vita TVのUI。写真は東京ゲームショウ 2013での基調講演での場面
図2 PS Vita TVのUI。写真は東京ゲームショウ 2013での基調講演での場面
[クリックすると拡大した画像が開きます]

ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)は2013年9月に開催されたゲーム業界の世界最大級の展示会「東京ゲームショウ 2013」で、テレビに外付けすることで映像サービスやゲームを楽しめるようになる小型の据置型機器「PlayStation(PS) Vita TV」を初めて一般公開した。PS Vita TVを中心に、SCEに話を聞いた。対応者は同社 SVP 兼 第2事業部 事業部長の松本吉生氏、同事業部ソフト開発部 部長の島田宗毅氏、同社 戦略・商品企画部 部長 兼 ハードウエア企画課 課長の渋谷清人氏である(図1)。(聞き手:根津禎=日経エレクトロニクス)

――PS Vita TVは、小さくて白い。その理由は?
SCE:“ハコ”としての存在感を主張させたくなかったからだ。小さく、白くすることで、テレビの周辺にさりげなく設置できるようにすることを目指した。現在、テレビの周囲には実にさまざまな電子機器が置かれている。そのような状況下で、PS Vita TVを置いてもらうには、なるべく本体を小さく、目立たなくする方がよい。家の中、どこにでもプレイステーションとの接点を設けるためにも、PS Vita TVは小さくする必要があった。

――PS Vita TVの大きさは元から現在の大きさ(約105mm×65mm×13.6mm)だったのか?
SCE:当初の試作品はもっと大きかった。かつてtorneに付属していた外付けテレビ・チューナーほどの大きさだった。それでも小さいが、そこから更に小型化してもらい、現在の大きさにまで小さくなった。

――PS Vita TVの商品企画が出てきたのはいつごろか?
SCE:2011年夏、当時まだ開発中だった携帯型ゲーム機PS Vitaのハードウエアなどを使って他の用途に使えないか、という検討が始まった。その際に出てきたいくつかのアイデアの中に、PS Vita TVの原型になるものがあった。PS Vita TVのような、「エントリー(入門)的なプラットフォーム」はこれまでSCEになかったため、開発にゴーサインが出た。

――テレビとつながるこれまでSCEの据置型ゲーム機のユーザー・インタフェース(UI)は「XMB(クロスメディアバー)」だった。しかし、PS Vita TVはPS Vitaと同じUIで、クロスメディアバーとは異なる(図2)。ユーザーが操作に迷ったりする恐れはないか。
SCE:その可能性は低いと考えている。確かにPS VitaのUIは、タッチ・パネルでの操作を前提にしている。だが、同UIは、テレビ画面上で、コントローラを使ってもスムーズに操作できる。

――PS Vita TVは日本以外でも販売するのか?
SCE:もちろん、海外でも販売する。まず、2014年1月中旬から日本以外のアジア地域でPS Vita TVを発売する。将来的には、欧米でも販売する可能性がある。欧米の販売は現在検討中だ。

――今回発表されたPS Vitaの新機種は、充電コネクタを従来のカスタム品から汎用のmicro仕様のUSBに変更したり、ディスプレイを従来の有機ELパネルから液晶パネルに変更したりしている。これはコスト削減のためか?
SCE:コスト削減の効果は若干あるが、それが変更の主な理由ではない。例えばUSBを採用したのは、ユーザーの使い勝手を重視した結果だ。また、液晶パネルを採用したのは、筐体を薄くしやすいからである。軽量化にも向く。有機ELパネルの場合、強度を高めて割れにくくするための補強部材が必要になって、重くなる。液晶パネルではこの補強部材が不要になり、その分軽くできる。そもそも、液晶パネルは安定的に生産されており、入手しやすい。

――PS Vitaの新機種は、無線LANモデルだけだ。3G通信モデルも併売するのか?
SCE:PS Vitaの上位機種として3G通信モデルは引き続き販売していく。3G通信に対応する点の他、GPSや有機ELパネルなどを搭載している点を訴求する。

【9月15日(火)開催】触るインタフェース(応用編)
~ウエアラブルと身体性から読み解く次世代インタフェース~


ウエアラブルデバイスで触覚情報を利用するための基礎と最新技術や、全身触覚と身体性に着目した新しい触覚インタフェースの新潮流について解説する。この分野に精通する3人の講師が、様々な研究開発例とその実装方法を紹介する。詳細は、こちら
会場:BIZ新宿 (東京・西新宿)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング