家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

「PS4の販売目標は2014年3月までに500万台」、SCEの東京ゲームショウ基調講演から

根津 禎=日経エレクトロニクス
2013/09/23 12:37
印刷用ページ
図1 500万台の販売目標を発表するSCEのAndrew House氏
図1 500万台の販売目標を発表するSCEのAndrew House氏
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図2 SCE SVP兼 第1事業部事業部長の伊藤雅康氏も登壇
図2 SCE SVP兼 第1事業部事業部長の伊藤雅康氏も登壇
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図3 PlayStation Appをインストールしたスマートフォンを使ってデモ。左下に写っているのが、SCEの吉田氏
図3 PlayStation Appをインストールしたスマートフォンを使ってデモ。左下に写っているのが、SCEの吉田氏
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図4 PlayStation Appを通じてフレンドの状況を見ている場面
図4 PlayStation Appを通じてフレンドの状況を見ている場面
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図5 スマートフォンで描いたイラストを送信
図5 スマートフォンで描いたイラストを送信
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 2013年9月19~22日、ゲーム業界の世界最大級の展示会「東京ゲームショウ 2013」が開催された。その開幕に合わせた基調講演にソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)のキー・パーソンらが登壇し、同社が同年11月に欧米から発売する 「PlayStation(PS) 4」の事業戦略やPS4の機能などについて語った。その中で、同社 代表取締役社長 兼 グループCEOのAndrew House氏は、PS4の目標販売台数を明らかにした。2013年度中(2014年3月まで)に500万台を目指すという(図1)。発売前から既に100万台の予約があるとした。

 House氏は講演内で、PS4を通じてユーザーに、「最高のゲーム体験」と「つながる体験」を提供したいと語った。前者はより没入感が 高く、面白いゲームを提供し、後者に関しては、スマートフォンやタブレット端末を通じてゲーム・コンテンツに触れられるようにすることや、ゲームを通じて ユーザー同士がつながることだとした。

 House氏に続いて登壇したのは,SCE SVP兼 第1事業部事業部長の伊藤雅康氏である(図2)。同氏はPS4に関する新情報や技術実演などを披露した。新情報に関しては、例えばHDMIを通じてゲーム・プレーの映像を外部ストレージに録画する機能をPS4に盛り込むことを明らかにした。自分のプレー映像を編集して公開するユーザーに向けたものである。この他、PS4専用カメラを利用することで、ユーザーの顔を判別して認証できることを明らかにした。同カメラが内蔵するマイクを用いて、音声入力にも対応する。

 技術実演に関しては、SCEワールドワイド・スタジオ プレジデントの吉田修平氏と共に行った。例えば、PS4とスマートフォンやタブレット端末などを連携させるアプリケーション・ソフトウエア(アプリ)「PlayStation App」を使ったデモを見せた(図3)。

 同アプリを利用することで、「フレンド」として登録した他のユーザーの行動履歴を把握できる(図4)。同様に、自分の行動履歴をフレンドに通知することも可能だ。この他、同アプリを利用することで、スマートフォンやタブレット端末をPS4のコントローラとしても活用できる。会場ではPS4用ソフト「プレイルーム」を使い、スマートフォンで描いたイラストを送信して、立体物としてディスプレイに表示できる様子を見せた(図5)。

【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング