機械・部材 革新を支える産業機器と部品・材料の情報源
 

「平常心で打ち上げに臨みたい」、JAXA イプシロンロケットプロジェクトチーム プロジェクトマネージャの森田氏

富岡 恒憲=Tech-On!編集
2013/09/13 17:09
印刷用ページ
宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、2013年9月14日に打ち上げ予定日を再設定した小型固体燃料ロケット「イプシロンロケット」試験機の打ち上げに先立ち、発射場のある内之浦宇宙空間観測所(鹿児島県・肝付町)で記者会見を開いた。同会見に登壇したJAXA イプシロンロケットプロジェクトチーム プロジェクトマネージャの森田泰弘氏は、同年8月27日に続く2度目の挑戦となる今回の打ち上げについて「やるべきことは十分にやった。我々の持てる力も十分に出した。前回は個人的にはかなり肩に力が入っていたが、今回はすがすがしい気持ちになっている。平常心で打ち上げに臨みたい」と語った(図1)。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング