• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり設計革新 > NEC、ヒューマンエラー低減に有効な配色評価方式を開発---画面配色の負荷を数値化

NEC、ヒューマンエラー低減に有効な配色評価方式を開発---画面配色の負荷を数値化

  • 中山 力=日経ものづくり
  • 2013/09/10 16:49
  • 1/1ページ
 NECは、ヒューマンエラーを起こしにくいGUI(グラフィカル・ユーザー・インタフェース)の設計に有効な「配色評価方式」を開発した(ニュースリリース)。画面の配色が利用者にどれだけ負荷を与えているかを数値化し、算出した数値を基に画面を最適化する。同社はこの配色評価方式を、わずかな操作ミスも許されない医療システムや航空管制システムなどに適用していく考え。
【技術者塾】(6/16開催)
低コスト設計を支える機械材料の知識

もう仕事で迷わない ものづくり基礎から徹底シリーズ


一般の環境下で使用する材料に絞り込み、実務面に重点を置いた材料の性質の読み方と、具体的な材料選定の手順を「料理レシピ」のように分かりやすく紹介します。熱処理についても、材料知識と合わせて解説します。 詳細は、こちら
日時:2016年6月16日
会場:Learning Square新橋
主催:日経ものづくり

おすすめ