• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり設計革新 > NEC、ヒューマンエラー低減に有効な配色評価方式を開発---画面配色の負荷を数値化

NEC、ヒューマンエラー低減に有効な配色評価方式を開発---画面配色の負荷を数値化

  • 中山 力=日経ものづくり
  • 2013/09/10 16:49
  • 1/1ページ
 NECは、ヒューマンエラーを起こしにくいGUI(グラフィカル・ユーザー・インタフェース)の設計に有効な「配色評価方式」を開発した(ニュースリリース)。画面の配色が利用者にどれだけ負荷を与えているかを数値化し、算出した数値を基に画面を最適化する。同社はこの配色評価方式を、わずかな操作ミスも許されない医療システムや航空管制システムなどに適用していく考え。
【技術者塾】(8/24開催)
車載用樹脂製品のための樹脂材料の勘所


自動車部品に多く使われる樹脂材料を採り上げ、その基礎知識だけでなく、演習を通じて実務に役立つ実践力の習得を狙います。事例には、多くの自動車部品を採り上げて理解を深めます。 詳細は、こちら
日程 : 2016年 8月24日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経Automotive

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓