• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクスアナログ > NXP、実装面積と消費電力を約50%削減できる車載用AM/FMラジオ・チューナICを発売

NXP、実装面積と消費電力を約50%削減できる車載用AM/FMラジオ・チューナICを発売

  • 山下 勝己=テクニカル・ライター
  • 2013/09/06 22:35
  • 1/1ページ
 オランダNXP Semiconductors社は、同社従来品に比べて実装面積と消費電力をいずれも約50%削減できる車載用AM/FMラジオ・チューナIC「TEF665x/TEF668x」を発売した。RFCMOS技術で製造した。AM放送とFM放送に向けたアナログ・フロントエンド回路やA-D変換器、DSPベースのソフトウエア・ラジオ処理回路、オーディオ処理回路などを1チップに集積した。FM放送の受信周波数範囲は65M~108MHz。欧州や米国、日本、中東などの地域に対応する。AM放送は長波(LW)と中波(MW)、SW(短波)のいずれも受信可能だ。車載用半導体チップの品質規格である「AEC-Q100」に準拠する。
【技術者塾】(6/6開催)
最適制御とモデル予測制御の基礎から応用展開まで


最適制御の基礎と数値解法の考え方を解説した上で、モデル予測制御の問題設定、実時間アルゴリズム、そして最先端の応用事例について解説します。実際に応用する際の手順がイメージできるよう、簡単な例題を交えて説明します。詳細は、こちら
日程 : 2016年6月6日
会場 : BIZ新宿 (東京・西新宿)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ