アナログ エレクトロニクスを支える基盤技術
 

NXPが劣悪な環境でも使える容量性タッチ・センサーICを発売、独自の「デジタル検出技術」を採用

山下 勝己=テクニカル・ライター
2013/09/05 23:17
印刷用ページ
 オランダNXP Semiconductors社は、ホコリが多かったり、湿度が高かったり、温度が突然大きく変化したり、EMI(放射電磁雑音)のレベルが高かったりする劣悪な環境でも使える容量性タッチ・センサーIC「PCF8883/PCF8885」を発売した。詳細は明らかにしていないが、容量の変化をデジタル的に検出する同社独自技術を採用することで実現したとしている。タッチ・センサーだけでなく、近接センサーとして利用することも可能だ。洗濯機や掃除機、ビル制御システム、自動預け払い機(ATM)、血圧計などに向ける。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング