• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクスアナログ > TI、バスの極性を76msで自動修正できるRS-485トランシーバICを発売

TI、バスの極性を76msで自動修正できるRS-485トランシーバICを発売

  • 山下 勝己=テクニカル・ライター
  • 2013/09/05 23:06
  • 1/1ページ
 米Texas Instruments(TI)社は、バスの極性を最大76msと短い時間で自動修正できるRS-485トランシーバIC「SN65HVD888」を発売した。ケーブル挿入時に極性を間違えても短時間で自動修正できるため、RS-485ネットワークを導入する工場において生産停止などの事態を防ぐことが可能になる。同社によると「76msの自動修正時間は業界最短。競合他社品に比べて80%高速である」という。電力メーター・ネットワークや、舞台照明などに使われるDMX-512ネットワーク、産業用オートメーション機器、HVACシステム、工業用プロセス制御機器などに向ける。
【技術者塾】(6/16開催)
実用化迫る、自動運転支援のためのセンシング技術


安全で安心な自動運転車の実現に向けて、運転自動化支援に必要なセンシングアルゴリズムの基礎理論から、自動運転に向けたさまざまな応用技術、最近の話題などについて、分かりやすく解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年6月16日
会場 : 化学会館 7F(東京・御茶ノ水)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ