• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > 富士通セミコンがデジカメ用画像処理SoCの第7世代品、SuVoltaとの共同開発技術で低電力化

富士通セミコンがデジカメ用画像処理SoCの第7世代品、SuVoltaとの共同開発技術で低電力化

  • 小島 郁太郎=Tech-On!編集
  • 2013/09/04 18:59
  • 1/1ページ
富士通セミコンダクターは、デジタルカメラやスマートフォン搭載カメラ向けの画像処理SoC「Milbeaut」の第7世代品「M-7Mシリーズ」を開発した。画像処理アルゴリズムを大幅に改善して処理性能を従来製品の2倍に向上させ、かつSuVolta社と共同開発した技術で30%の低消費電力化を図った。
【技術者塾】(6/3開催)
センサ情報活用のためのセンシングモデル化の基礎と応用


センサの活用のためには、センシング対象をいかにモデル化するかが技術構築の上で鍵となり、数理的・信号処理的や人工知能論的アプローチの活用が基本となります。本講演では、モデル化過程において幅広く使えるこれらのアプローチの基礎をできる限り実利用に沿う形で解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年6月3日
会場 : BIZ新宿 (東京・西新宿)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ