• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > ついにHDMIの新仕様「2.0」が登場、4K映像の60フレーム/秒での非圧縮伝送が可能に

ついにHDMIの新仕様「2.0」が登場、4K映像の60フレーム/秒での非圧縮伝送が可能に

  • 根津 禎=日経エレクトロニクス
  • 2013/09/04 17:08
  • 1/1ページ

 機器間インタフェース規格「HDMI」の普及促進団体HDMI Forumは2013年9月4日、HDMIの新仕様「HDMI 2.0」を公開した(プレスリリース)。HDMIの現行仕様は、2011年10月に登場したHDMI 1.4bである。1.4bの基になるHDMI 1.4の仕様が公開されたのは2009年6月ごろのこと(Tech- On!関連記事1)。つまり、約4年ぶりの大幅なバージョンアップになる。2012年1月時点では、HDMI 2.0の仕様策定は2012年後半を予定していた(Tech- On!関連記事2)。予定よりも遅れての仕様策定になる。

 HDMI 2.0の最大の特徴は、ケーブル1本当たりのデータ伝送速度を従来比で約2倍の18Gビット/秒に引き上げたこと。これにより、50/60フレーム/秒の4K映像(2160p映像)を非圧縮で伝送できる。

 データ伝送速度を高めたものの、新たなケーブル仕様やコネクタ仕様は定義していないという。現行の「ハイスピードケーブル」で対応できるとする。HDMI 2.0 の試験仕様(CTS) は2013年末までに発表される予定である。

 なお、現行仕様のHDMI 1.4bまでは、米HDMI Licensing社が仕様策定などを進めてきた。「HDMI 2.0」は、HDMI Forumがその役割を担う。HDMI Forumのメンバー企業は88社におよぶという。HDMI 2.0のライセンス業務などは、HDMI Licensing社が担うという。

【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓