• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > ついにHDMIの新仕様「2.0」が登場、4K映像の60フレーム/秒での非圧縮伝送が可能に

ついにHDMIの新仕様「2.0」が登場、4K映像の60フレーム/秒での非圧縮伝送が可能に

  • 根津 禎=日経エレクトロニクス
  • 2013/09/04 17:08
  • 1/1ページ

 機器間インタフェース規格「HDMI」の普及促進団体HDMI Forumは2013年9月4日、HDMIの新仕様「HDMI 2.0」を公開した(プレスリリース)。HDMIの現行仕様は、2011年10月に登場したHDMI 1.4bである。1.4bの基になるHDMI 1.4の仕様が公開されたのは2009年6月ごろのこと(Tech- On!関連記事1)。つまり、約4年ぶりの大幅なバージョンアップになる。2012年1月時点では、HDMI 2.0の仕様策定は2012年後半を予定していた(Tech- On!関連記事2)。予定よりも遅れての仕様策定になる。

 HDMI 2.0の最大の特徴は、ケーブル1本当たりのデータ伝送速度を従来比で約2倍の18Gビット/秒に引き上げたこと。これにより、50/60フレーム/秒の4K映像(2160p映像)を非圧縮で伝送できる。

 データ伝送速度を高めたものの、新たなケーブル仕様やコネクタ仕様は定義していないという。現行の「ハイスピードケーブル」で対応できるとする。HDMI 2.0 の試験仕様(CTS) は2013年末までに発表される予定である。

 なお、現行仕様のHDMI 1.4bまでは、米HDMI Licensing社が仕様策定などを進めてきた。「HDMI 2.0」は、HDMI Forumがその役割を担う。HDMI Forumのメンバー企業は88社におよぶという。HDMI 2.0のライセンス業務などは、HDMI Licensing社が担うという。

【技術者塾】(10/24開催)
不具合の未然防止に役立つ 組み込みソフトのモデリング

ソフトウエア技術者の設計力向上の勘所


ソフトウエア設計図(モデル)の具体例を紹介しながら基礎を解説します。「静的構造図」や「動的構造図」などを演習を通して作成。ソフトウエア技術者の設計力を高め、もっと速く楽に開発することを目指します。 詳細は、こちら
日程 : 2016年10月24日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ