• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > 業務用ゲーム機向け新型装置をセガが開発

業務用ゲーム機向け新型装置をセガが開発

  • 根津 禎=日経エレクトロニクス
  • 2013/09/04 13:58
  • 1/1ページ
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 セガは、アミューズメント施設やゲーム・センターなどに置かれる業務用ゲーム機に向けた、新型装置(いわゆるゲーム基板)「Nu」を開発した。同社従来品に比べて約2倍の処理性能を備えるという。2013年11月に稼働予定のゲーム「初音ミク Project DIVA Arcade Future Tone」から採用を始める。

 NuはOSに米Microsoft社の「Windows Embedded 8 Standard」を採用する。ゲーム基板として同OSを採用するのは業界初としている。セガの業務用ゲーム機向けネットワーク・インフラ「ALL.Net」に対応。動作周波数が3.3GHzの「Core i3-3220」を搭載し、ストレージとして、64GバイトのSSDと、500GバイトのHDDを備えている。

【技術者塾】(5/17開催)
キャパシタ応用を広げるための基礎と活用のための周辺技術


省エネルギー社会に則した機器を、キャパシタを上手に活用しながら開発するために、その原理と特長、信頼性、長寿命化、高密度化、高出力化などのセル開発の進歩とキャパシタの持つ課題と対応技術まで、実践活用に役立つ応用事例を示しながら学んでいきます。 詳細は、こちら
日程 : 2016年5月17日
会場 : BIZ新宿
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ