• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > TI、ESD保護機能を搭載したCANトランシーバICを発売

TI、ESD保護機能を搭載したCANトランシーバICを発売

  • 山下 勝己=テクニカル・ライター
  • 2013/09/04 00:16
  • 1/1ページ
 米Texas Instruments(TI)社は、静電気放電(ESD)保護機能を搭載したCANトランシーバIC「HVDA551-Q1/HVDA553-Q1」を発売した。ESD耐圧は、接触放電モデルで最大8kV、エア・ギャップ放電モデルで最大15kV、人体放電モデル(HBM)で±12kVを確保した。同社によると、「ESD保護機能を内蔵したため、これまで外付けしていた 2個のダイオードが不要になる。その分だけ、部品コストを削減できる」としている。車載機器に向ける。具体的には、ボディ制御モジュールやインフォテインメント機器、リアビュー・カメラ・モジュール、先進運転支援システム(ADAS:advanced driver assist systems)などである。
【技術者塾】(6/16開催)
実用化迫る、自動運転支援のためのセンシング技術


安全で安心な自動運転車の実現に向けて、運転自動化支援に必要なセンシングアルゴリズムの基礎理論から、自動運転に向けたさまざまな応用技術、最近の話題などについて、分かりやすく解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年6月16日
会場 : 化学会館 7F(東京・御茶ノ水)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ